SEIWA_TOP.jpg

LINE.png

保育センターでは、家庭と連携をとり、その日の体調や状況に応じてすごします。特に乳時期の子どもは、病気に対する抵抗力も未熟なため、一人ひとりの生活(ミルク・離乳食・午睡・排泄・遊び等)を十分考慮しています。
新入園児の場合は、家庭での生活から少しずつ保育園の生活リズムになじんでいけるよう受容保育をすすめています。

Fotolia_77110481_XS.jpg

センターの1日

115c.png